包丁を選択し快適に料理をしよう【軽くて丈夫でスパっと切れる】

調理場

プロ仕様の包丁

包丁にはいくつか種類があり、基本的に和包丁と洋包丁に別れます。和包丁は片刃となっており、引き切りすることで食材を切る事が出来ます。昔までは一般的な刃物となっており、家庭でよく使われていましたが、右利き用と左利き用の二種類があることから不便ということで洋包丁に切り替える人が増えてきました。洋包丁は、和包丁とは違い両刀となっており、利き手に関係なく使用することが出来ます。また、魚や肉などの骨も切ることが可能となっており、万能に使うことが出来ます。そのため、堺の刃物専門店では洋包丁がよく売れる傾向にあります。しかし、繊細な食材を切るときには適していないので、その点には注意しましょう。

堺の刃物専門店には中華包丁も用意しています。中華包丁は大きな刃が特徴の包丁となっていて、中華料理屋では必須アイテムとなります。腕の優れた職人ならどんな食材も大きな刃で対応することができ、中には飾り切りをするプロがいるほどです。そのため、使いこなせればとても便利な包丁となりますが、一般家庭には向いていません。まず、一般家庭では大きな包丁を使用することがありません。また、重さが500グラム以上もあるので男性ならまだしも、女性や高齢者が使うには無理があります。このように、包丁には色々な種類があるので、堺の刃物専門店で色々と探してみましょう。さらに、堺の刃物専門店では刃物に使用する付属品の販売もしているので、色々とお店を回る楽しみがあります。

Copyright©2015 包丁を選択し快適に料理をしよう【軽くて丈夫でスパっと切れる】 All Rights Reserved.